HOME > カラーダイヤの種類 > ピンクダイヤ

カラーダイヤの種類

ピンクダイヤ

ピンクダイヤ

ピンクダイヤ・・・世界中の女性の憧れなのではないでしょうか。
ブルーダイヤモンド同様の評価を受けるのが、この「ピンクダイヤ」です。
1カラット以上の大粒の天然のピンクダイヤは、世界で年間で数十個、2~3カラットクラスになると数個しか採掘されないといわれています。
1979年、オーストラリアのキンバリー地方にある世界最大のダイヤモンド鉱山で、ピンクダイヤモンドが採掘されました。
本来無色であるはずのダイヤモンドが、なぜピンク色になるのか、それは未だ解明されておらず、毎年3900万ctものダイヤモンドが採掘される鉱山でも数百万ct中、数ctぐらいしかピンクダイヤは見つからないのです。
宝石として使用されるピンクダイヤのほとんどが、このアーガイルから産出されていますが、最近の情報では、アーガイル鉱山の大手出資元の鉱山会社からの指示により、0.2(0.25?・0.3?)ct以下のピンクダイヤの卸をアーガイル鉱山自身で行うのをやめ、他の会社に丸投げする方向で話が進んでいるのだそうです。
これは、採算を重視した結果なのでしょうがないのですが、これによってピンクダイヤの価格が上がってしまう可能性が否めません。
産出量の少なさと、世界的な人気の高まりから、今後しばらくの間は高値で推移することは、まず間違いないと考えて良いでしょう。(2000年からほぼ毎年値上がりしています)
意外と、ダイヤモンドはホワイトのものが一番高価であると思われているようですが、カットも重さも透明度も同じカラーダイヤモンドは透明のダイヤモンドよりも高価な値がつけられています。
ピンクダイヤモンドもそのひとつで、1998年、世界2大オークションであるNYクリスティーズで下記の宝石が落札されました。この事実からもピンクダイヤモンドの稀少価値がわかりますね。