HOME > カラーダイヤの種類 > イエローダイヤ

カラーダイヤの種類

イエローダイヤ

イエローダイヤ

イエローダイヤは希少価値も高く、輝きに特別な華やかさを感じさせる宝石で、風水においても福を呼び金運を運ぶ「幸運の宝石」とされています。
カラーダイヤの中でも人気のある色で、様々な高級ジュエリーに欠かすことのできない、魅力的な石のひとつといえるのではないでしょうか。
比較的数量の多いのは、「ブラウンダイヤモンド」や「イエローダイヤモンド」でしょう。
厳密な基準ですと、「Fancy ○○ Yellow」や「Fancy ○○ Brown」は、カラーダイヤとしてのイエローダイヤやブラウンダイヤです。
間違いやすいカラーとして、「Fancy」の付かない「Under N(Very Light Brown)」や「Under S(Light Yellow)」等は、カラーダイヤの範疇ではなく、あくまで「D」~「Z」までの基準による(通常の)ダイヤモンドとなります。
ピンクダイヤやブルーダイヤ等、ブラウンダイヤとイエローダイヤ以外は、「Faint」や「Very Light」等でも「カラーダイヤ」としての区分けになるようです。
例えば、「Very Light Pinkish Brown」はカラーダイヤで、「Very Light Yellowish Brown」はカラーダイヤではなく「D~Z」の通常のダイヤモンドとなるということです。
一昔前までは、ブラウンダイヤやイエローダイヤは「ダイヤじゃない」などといわれ、価値が低く見られていました。
しかし、例えば、「カナリーダイヤ」と言われる最高級のイエローダイヤは、無色透明のダイヤモンドをはるかに凌ぐ評価を得ていて、価格も飛びぬけています。
このように、「イエローダイヤ」や「ブラウンダイヤ」を、低い評価で見るのは、すでにナンセンスなのですね。
かつての宝石業界の悪しき伝統が、いまだに正しい知識のように思われている現実について、宝石業界は深く反省をして、消費者の方に正確な情報を公開すべきなのです。