HOME > カラーダイヤの種類 > ブラックダイヤ

カラーダイヤの種類

ブラックダイヤ

ブラックダイヤ

ブラックダイヤは、ホワイトカラーのダイヤには価値的には負けますが、輝きはやはりダイヤなので綺麗です。
また、オニキスやブラックスピネルという類似品には全然負けません。
ダイヤを加熱処理した物がブラックダイヤですが、悪いダイヤを加熱処理した場合はやはりキズやひびも目立ちます。
また4~5年前からブラック・ダイヤモンドがジュエリー素材として定着しており、小粒石が多数個セッティングされたデザインものを良く見かけます。
このブラックダイヤには、「ナチュラル・カラー、照射処理されたもの、高温下で加熱処理されたもの」が知られています。
1990年代後半にはこれまで工業用に使用されていたようなナチュラル・ブラック・ダイヤモンドが、前衛的なデザイナーによって無色のダイヤモンドとの組み合わせで利用され始めました。
この斬新な手法は瞬く間に他のデザイナーへ広がり、一世を風靡するに至ったのです。
このナチュラル・ブラックの色因は内包するグラファイトや鉄鉱物などの黒色インクルージョンであり、地色そのものが黒いわけではありません。
ブラック・ダイヤモンドの需要が高まると、素材の十分な確保が必要となり、人為的な照射処理による代用品が現われました。
これは主に原子炉で中性子線を照射して得られたもので、外観はブラックですが、実際には濃緑色です。
したがって、強い透過光で(青)緑色を呈する特徴があり、ナチュラル・カラーとの識別は容易なのです。
また、ブラックダイヤは近年、多くの有名芸能人が身に付けていることから、若い人の間でも話題になっています。