HOME > ダイヤの”4C”とは? > Clarity/クラリティー

ダイヤの”4C”とは?

Clarity/クラリティー

クラリティー

「Clarity"」クラリティー=透明度です。透明度といっても色の話ではなく、ダイヤモンドの中にキズや内包物(混ざり物)が、どの程度含まれるかということです。
一見同じように見えるダイヤモンドも、世界に同じ人間がふたりといないように、ふたつとして同じものはないのです。
そして完全な人間がいないように、フローレスと呼ばれる極めて少量のダイヤモンドを除いて、大抵のものには内包物があります。
自然によって生み出された天然ダイヤモンドのほとんどには、通常これらが含まれており、欠陥が全くない、もしくはほとんどないダイヤモンドを入手するのは、非常に困難となっております。
クラリティグレードは10倍のルーペで専門家が丁寧に観察し、内包物の大きさやそれが含まれる位置によってランク付けされています。
クラリティのグレードが低いものになると、肉眼でもわかるほどの欠陥があり、輝きにも影響を与えることがあります。
また、同じグレードであっても、内包物の存在する位置、大きさは様々です
。 例えば、比較的大きな内包物であっても、リングにした際に爪の下に隠れるような位置にある物もあれば、小さくても、中央部分にある場合もあります。
なお、SI1~SI2であっても、内包物を肉眼で確認することは難しく、ダイヤモンドの輝きに影響を与えることは少ないのですが、10倍のルーペで見た場合、素人でも内包物を発見することが容易となり、例えば婚約指輪のためのダイヤモンドとしては、あまりふさわしいとはいえないかもしれません。