HOME > ダイヤの”4C”とは? > Carat/カラット

ダイヤの”4C”とは?

Carat/カラット

カラット

1カラットは0.200グラム。
一般的にカラット数が大きければ大きいほど稀少であり価値もありますが、同じカラット数のダイヤモンドでも他の3要素(カラー、クラリティ、カット)の組み合わせで、その価値はとても変わってきてしまいます。
旅行するときに豪華なホテルを選ぶ人もいれば、こじんまりとした宿を選ぶ人もいるように、ダイヤモンドの大きさも、ご自分の気持ちに合ったものが一番あなたにふさわしいとえるのではないでしょうか。
もし、ダイヤモンドの輝きを重要とされるなら、カラーやクラリティグレードに頭を悩ませるより、大粒でカットの良いものをおすすめします。
ダイヤモンドの輝きはカットが一番重要となりますが、小さいものより大きいものの方が、そのカットを充分に活かし輝きを増すことができるからです。
また、エンゲージリングの場合、将来のことを考えると大きめの方がフォーマルな装いにも合い、長く身に付けられる点でも大粒で高品質のものが良いかもしれませんね。
ジュエリーに使われるダイヤモンドの重量は0.01ct以下から100ct以上まで幅がありますが、大抵の場合は0.05ctから1.0ctの間です。
その中で0.20ct以下のダイヤモンドは通常メレーと呼ばれています。
ダイヤモンドはカラットが増すにつれて価格も上がります。
また、大きい石が比較的少ないので、カラットが増すと1カラットあたりの価値も上がってしまいます。
例えば4.0ctの石をカットできる原石結晶は、1.0ctの石をカットできる原石よりはるかに少ないので、ダイヤモンドカッターが支払う1カラットあたりの価格は大きい結晶の方が小さい方より高くなります。
すなわち1.0ctのダイヤモンド4個の合計価格は、同程度の4.0ctのダイヤモンド1個に支払われる金額よりかなり低いということになるのです。