HOME > ダイヤの”4C”とは?

ダイヤの”4C”とは?

ダイヤモンドの価値を判断する上で「4C」という要素が大きく関わります。
「4C」とは「カットCut(形状)」「カラットCarat(重量)」「カラーColor(色彩)」「クラリティClarity(傷・濁りの有無)」という4つの言葉の頭文字を取ったもので、この内容で価値が大幅に変わります。
識別にかけられたダイヤモンドの中で、4Cすべてで「最高水準」と判断されたものは、「ダイヤモンド・シンジケート」と呼ばれる専門市場に出され、目の飛び出るような値段で取引されるのです。
反対に「4C」に乗らなかったダイヤモンドは、本当に同じ石とは思えないような価格で買いたたかれ、他の宝石の引き立て役となったり、小さく砕かれ研磨剤やカッターの材料として使われます。
その4Cについて、少し知っておくと良いかもしれませんね。


◆Color/カラー
ダイヤモンドは”無色”と思っている人が多いと思いますが、ほぼ無色からややイエローもしくはブラウンがかったもの(標準的な範囲の色)が、販売店で見かけることが多いと思います。
→詳しくはこちら

◆Cut/カット
ダイヤモンドは、原石のままでは美しく光り輝くことはありません。裸石(ルース)とは、すでにカッティングされているダイヤモンドのことを指します。
→詳しくはこちら

◆Clarity/クラリティー
「Clarity"」クラリティー=透明度です。透明度といっても色の話ではなく、ダイヤモンドの中にキズや内包物(混ざり物)が、どの程度含まれるかということです。
→詳しくはこちら

◆Carat/カラット
1カラットは0.200グラム。
一般的にカラット数が大きければ大きいほど稀少であり価値もありますが、同じカラット数のダイヤモンドでも他の3要素(カラー、クラリティ、カット)の組み合わせで、その価値はとても変わってきてしまいます。
→詳しくはこちら